せっかくお洒落でクールな革小物を使っていても、その取り回しや使い方が格好悪いと台無しです。
台無しどころかかっこいい革小物を使ってしまっているぶん、印象ダウンの幅は大きくなります
革小物のスマートな持ち歩き方を身につけて、道具に負けない自分になりましょう。






■革小物はどこに入れていますか

身につけて持っている革小物は財布、定期入れ、名刺入れ、キーケースなど数多くあると思います。
Agilityの代表的な商品で言うと 【シーク】 【パンセ】 【ビレ】 【レッソ】 等がこれに該当します。

それらの革製品をどこに入れていますか。
胸ポケットに小銭入れや、キーケース。パンツのポケットに名刺入れなんてかなり格好悪いことですよ。

■革小物とスーツの相性

スーツの常識として、シルエットが崩れることはNGです。
分厚い財布をパンツの後ろポケットやスーツの内ポケットに入れるとスーツの形が歪んでしまいます。
見栄えがよくないだけでなく、長く続けるとスーツの型崩れの原因にもなります。
とはいえ、ランチタイムなどでカバンを持たないでちょっと出かけることもあります。
そういう場合に備えて、ビジネスシーンにおいては財布は厚くなる二つ折りではなく長財布にすることをおすすめします。

Agilityの長財布で言うと、柔らかな革を使用しようた長財布【グロット】
ちょうど1万円と同じ大きさのミニ長財布【ビレ】
スマホが入るオールインワン長財布【スマートウォレット】

     

一部になりますが上記の商品がおすすめです。
通常は鞄の中に、ちょっと出るときはスーツの内ポケットに入れましょう。
パンツの後ろポケットは避けたほうがいいでしょう。カジュアルならともかく、ビジネスシーンにおいては格好いいことではないからです。

■スーツの胸ポケットに革小物はいれない

名刺入れやスマートフォンなどの革小物をスーツの胸ポケットに入れてはいませんか。
胸ポケットは飾りポケットなので、そもそも物をしまうところではありません。
どうしてもという場合はスーツの内ポケットに入れましょう。
しかし革小物を仕舞う場所の基本は鞄の中です。
出し入れする時にもたつかないように指定の場所を決めておきましょう。

例えばズボンのポケットから名刺入れを取り出すことは、ビジネスシーンに置いて大変失礼な行為とされますのでバッグ、内ポケットにしまっておかねばなりません。
ちょっとした事ですが、気をつけなければいけませんね。

■革小物の持ち歩き方

革小物携帯の基本は鞄の中です。これは原則です。
その上で、どうしても身一つで出歩く場合のポイントがあります。

スーツの胸ポケットは飾りチーフ以外は入れません。
財布を携帯するならパンツの後ろポケットや上着のポケットではなく、コートのポケットやスーツの内ポケットに仕舞います。
そのため、小銭入れを別に持ったりクレジットカードの量を減らすなど、財布の厚みを減らすようにしておくといいですね。
長財布には小銭を入れずに小銭入れは別で持ち歩く…それもまた大人の余裕が感じられてクールなイメージがしますね。
Agilityには定番物のコインケースから変わり種の物まで様々なコインケースが揃っています。

        

折角買った革小物、一番かっこ良くスタイリッシュな使い方をしたいですね。

お勧めアイテム

【アルジャン】
76000個販売の大人気コインケース
【ジグザグ】
蛇腹構造が新しいたっぷり入るカードケース
【ビレ】
小さくてもしっかり入る長財布


ページトップ